2008年05月26日

クロロピクリン自殺につい!

クロロピクリン自殺につい!


農薬のクロロピクリンを飲んで自殺を図った50代男性がクロロピクリン溶液を飲んで自殺を図り、救命救急センターに運ばれてきた。
医師ら20人が治療に当たり、胃洗浄などを実施したが、患者の服やおう吐物からクロロピクリンガスが発生し、スタッフに頭痛などの被害が出たという。

 当時男性の治療を担当した医師も、頭痛・吐き気、めまいなどの症状が出た。男性がクロロピクリンを飲んだことは分かっていたが、
農薬の専門知識もなく、防護方法の情報もなかったという。このため、手袋やマスクをするなどの対応しかできなかった。

 ただ、医師は「(消防隊などが着用する)防護服を着た状態で治療することは難しい。おう吐物などをすぐに密封する、
部屋の換気をするなどの対処法しかないではないか」と有毒ガスへの対応の難しさを指摘する。
また「毒物の基本的な対処法を再確認し、訓練でいざというときの手順を確認しておきたい」と強調した。
病院内でで嘔吐(おうと)
して有毒ガスが発生、医師や患者ら54人が治療を受けた問題で、医師も勉強が大切になってきます。
二次汚染を防ぐため、患者と接する者は防護を怠ってはならない
この時代もう何が起こるかわかりません。硫化水素自殺でびっくりしていたが、
農薬は最近はどこでも買える時代です。

無料お試しサイト

 
posted by あちゃこ at 12:42| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。